Yokomichi

2013年11月2,3日(土,日)
デザインフェスタvol.38

半年ぶり。前回、ディスプレイの準備不足により角地で醜態をさらしたので。

今回こそは!の、気持ち。朝8時、会場に着く。

この時間からブース設営をしているところは、ちらほら。余裕であろうと準備をはじめましたが、完成したのは開門5分前でした。母とふたりがかりでしたが。感謝です。

こんな感じになりました。

写真

周囲の写真を撮り忘れてしまった。今回出展したC-259のブースは、ライブ会場をつなぐ一番の大通りの両脇のひとつ。トムも万全な体勢で11時をむかえました。

トムとは?そう。このおおきいこ。ティンカー・トムは、アコーディオン奏者の魅多羅詩じゅん子の楽曲にでてくる、森の奥深くに住む夢をかなえる魔物です。リンクを貼っておきます。どうぞご覧ください。

魅多羅詩じゅん子
ティンカー・トム

トムが動くのを見たい!という方がいましたら、横道にご連絡ください。

そうです。そのトムさんに来場してくださったお客様に手を振って、コンタクトをとってもらいました。

写真

すーーーーーっごいたくさんのひとが来ましたよ。Cエリアの玄関にあたるような場所だったので。ここで、お出迎えできたことは、ほんとに光栄でした。

さあどこまわろう?と早足に通り過ぎるひとも多いなか、目にとめて、ゆっくり歩いてくれたかたも多かったです。手を振りかえしてくれたかたもいましたよ、いましたよ。すてきな笑顔たくさんいただきました。たまに、握手とか記念撮影とかも、お願いしたり、してもらえたり。うれしいね。舌ひっぱったり、ひっぱられたり。

親子でいらしたかたは、親の目にとまると、おこさんにすすめるんです。ほら、いってきな、って。けっこう気になっていました。どう見えるのか。

6歳未満のおこさんには、かなり怖がられたご様子。ある一定の距離を保ち、それ以上は近づきません!という動きをするこが多くて、2,3人、盛大に泣かせてしまった。

トムさん、すまない。

写真

でも、たのしそうに遊んでくれたこもたくさんいただろう?

握手すると、みんなあとから、丁寧に指を一本ずつ、きもちいい、やわらかい、って、にぎってくれたではないか。

写真

どれくらいたくさんのひとが笑顔を見せてくれたんだろう。うれしかったなあ。

ここに来れてよかった。よかったよかった。

A-186ブースの純星さん
写真

C-258ブースのナタリーさんとタカハシさん
写真

小悪獣ムーチョの御一行
写真

よくうごくなにか…なんだ?
写真

トムさんは活躍したのだけど、いつものこたちと遊んでくれた方は、前回よりめっきり少なかったかもしれない。パフォーマンスっぽくなってしまって。でも、そんなことをしていたからか、デザフェスの腕章をしたかたに、カメラやビデオで撮影してもらえました。

今度は彼らも主役にしたい。

来春のデザフェスも、申し込みます。トムを連れてくるかどうかは、わからないですけどね。たくさん連れて、たのしくお出迎えいたします!

来年1月には関東のギャラリーに出展するので、ご都合がよければぜひいらしてください!

写真

prev home next
Copyright © 2012 Yokomichi All rights reserved.