Yokomichi

2013年11月28日(木)~12月9日(月)
あわてんぼうのサンタクロース展

この度のご縁は、母の奇遇なつながりで参加できました。カエルとフレンチブルドッグをはじめとするいきものに、ファンタジーをこめてつくられる、川ノ上ご夫妻さんの作品を母が気に入ったことがきっかけでした。実物を見るために、ギャラリーに足を運び、オーナーさんと仲良くなりました。その後、オーナーさんと交流が続き、お声をかけてもらいました。

写真

京都三条の商店街の中にある、かわいらしい小鳥の歌が似合うあたたかい雰囲気のギャラリー幹さんです。ギャラリーに展示させてもらったのは今回がはじめて。クリスマスに縁がないのでイメージがわかない横道でしたが、まずは主役を。今年は残暑が厳しかったですね。暑い日が続く中、トナカイをつくりました。

写真

トナカイです。そうです、トナカイです。ツノ。ツノを見れば、たしかに。ん。

写真

いつものこたちも連れてきましたが、ずいぶんとおくつろぎのご様子。CREATORS ONLY ONE STOREと、クリエーターズマーケット(キャンセルしました。申し訳ありませんでした。)の準備で、気は張っていたのですが。

写真

ちびーのも、あたらしく、つくり、連れてゆきました。

写真

立体を壁や天井など工夫して展示されていたのを見て、かれらもじっとしているときに工夫が必要だなあと感じました。次の展示にはむずかしいですが、ちかいうちに準備したいと思います。

そうです。紹介を忘れていました。サンタクロース展だから、たとえば帽子をかぶせてみるとか…と、ご提案をいただきました。ファッションに疎いので。鵜呑みにしまして。サンタ帽に耳がついた、耳付きサンタ帽をかぶせてみました。

写真

そうです、そうです。この耳付きサンタ帽。後日談があるのです。このお帽。我ながら、よくできたと思い、いままでのこと家族になってくれた方々に、お送りしました。それで、なんと!かぶせてもらったお写真に、お便りに、あたたかくてすてきなものをたくさんいただきました。感動しました。はじめてクリスマスな気分で過ごすこともできましたし。しあわせだなあ。

(H25.12.31)

prev home next
Copyright © 2012 Yokomichi All rights reserved.